ついに加齢臭がやってきた

私は40代に入ったばっかりなのですが、最近小学生の娘に体臭を指摘されショックを受けました。自分でも、一日の仕事を終え帰宅した時の服や、枕など多少臭うかなという感じはしていたのですが、人にはっきりと指摘されたのは初めてだったのでさすがに落ち込みました。
年齢的には、いわゆる加齢臭というものが出てきてもおかしくないのかもしれませんが、自分ではまだまだ若いと思っていたのでなかなか受け入れがたいものです。ですので、なんとかして加齢臭のない体を取り戻したいと、今は体臭対策に取り組んでいます。
まず、臭いを抑えるというボディシャンプーを購入し、これまで以上に念入りに体を洗うようになりました。そして、食生活を見直し、肉食をへらして野菜をできるだけ多く取るように心がけています。アルコールも控えるように努力はしていますが、これはなかなか難しいですね。
今のところはどこまで効果が出ているか分かりませんが、他人に不快感を与えないレベルにまでは何とか持っていきたいのでがんばろうと思います。

加齢臭は男性も女性もあり、洗いすぎは禁物

加齢臭は男性の悩みのように思われています。確かに女性よりも男性の方が皮脂分泌が多いので、男性の方が加齢臭がきついです。加齢臭の原因はノネナールという成分だと言われてきて、この成分は40代から発生すると言われてきました。でも、最近はノネナール以外の加齢臭の原因と言われているものもあるのです。それがペラルゴン酸というものです。そして男性だけではなく、女性も加齢臭があります。臭いを気にして、お風呂に入った時に脇は念入りに洗う人が大半ですが、加齢臭を防ぐには、胸や背中、そして首のうしろ、耳の後ろも念入りに加齢臭 石鹸で洗う必要があります。この部分は皮脂の分泌があり、そして洗い忘れしやすい場所でもあります。また、臭いをなくしたいがために、ナイロンタオルなどでゴシゴシと洗う人がいますが、これは逆効果です。皮脂を落としすぎてしまうと、逆に皮脂の分泌が過剰になるからです。よく泡立てた泡で、手もしくはコットンタオルなどで優しく表面の皮脂を落としてあげましょう。

皮脂だけではない加齢臭

加齢臭は、基本は体にある皮脂の中に含まれる成分が原因だと言われています。その皮脂をちゃんとお風呂で洗い流すことも大事ですが、それだけでは加齢臭は防げません。便秘などの腸内環境が悪いと、その老廃物の臭いが血管に吸収されて、体に臭いを発散させるのです。ニンニクを食べた後なども、体全体から臭いがするのと一緒です。そして、加齢臭は生活習慣にとても関係しています。野菜を食べずに肉ばっかり食べている人や喫煙している人は加齢臭を発生させやすいです。またメタボリックシンドロームの人も加齢臭を発しやすいですが、逆に無理なダイエットをしている人も加齢臭を発するのです。無理なダイエットをしていると体が警告をならすために体内で「ケトン体」という臭いのもとを作り、その物質が血液に吸収され、体に臭いを発生させます。加齢臭を防ぐには、ちゃんと皮脂の汚れを落とし、バランスの良い食事をとり、適度な運動をし、規則正しい生活をすることが大切です。

加齢臭の原因について

加齢臭の原因について
私が知っている一部をご紹介致します。
加齢臭は私達の食生活や生活習慣によって
変わってくるそうです。
まず最も良くないものは
私達が外食やコンビニ弁当
スーパーのお惣菜などでも口にする揚げ物。
その揚げ物に使われている【油】
にも原因があります。
もちろん家庭で使う油にも原因があります。
みなさんご家庭で使った油が余ったら
こして、また使いますよね。
その時点でその油は完全に酸化していますし
実はお店に並んでいる時点でも
油の酸化は始まっているそうです。
酸化している油を体に取り入れると
細胞自体も酸化を始めてしまいます。
細胞の酸化が始まる=老化が始まる
と同じ事なのです。
体が酸化を始めると加齢臭も出てくるものです。
ですので私は
毎日飲んだ方が良いと言われている油を使用しています。
これは油に入っているリノール酸とリノレン酸の割合が大切です。
私達の体に最も良いとされている油を見つけ使うことで
体内の酸化を遅らせる事が出来るのです。

仕事場での加齢臭

最近、仕事場で結構年上の同僚とお話していて気になることは、ずばり加齢臭です。
本人は気づいておらず、また、好きでそんな臭いを出しているわけではないと思いますので、臭いについては特に何も言わないのですが、ちょっと気になる臭いです。
ここで私は思いました。私はまだ加齢臭がでてくるような年齢ではないのですが、いつか必ず、そういった年齢になります。その時、私も彼のように自分の臭いに気づくことなく、周りの人に気になる臭いだと思われてしまうかもしれません。
なのでひとつ、加齢臭はどうしたら抑えることができるのか調べてみました。
すぐに見つかった情報は誰にでもできそうなもので、食事によって臭いを抑える、ということでした。
どうやら、大豆製品や、魚介類、野菜や果物といった食品に臭いを抑える効果があるらしいです。
気をつければ毎日食べられるような食材なので、これらのものを摂取するようにすれば、臭いと思われることもなくなるのではないかとと思いました。